実績豊富な東大和市の税理士として間違いのない経理スキルをアドバイス

お問い合わせはこちら

東大和市の税理士・安部悦生税理士事務所のお客様の声

各種申告方法についてもお客様に合わせてご案内

東大和市の税理士・安部悦生税理士事務所のお客様の声

地元に根差した税務サポートサービスを地域の皆様に提供し、帳簿付けのサポート業務に関しては基本的な知識・技術からしっかりアドバイスいたします。これまで業界で積んできた実務に基づく確かな知識・ノウハウを基に、間違いのない経費の計上を指導いたします。
また各種申告方法についてもお客様に合わせてご案内し、申告書の選択から電子システムを使った確定申告処理の方法まで、専門家として安心のサポート体制でナビゲートいたします。


電子システムを使った確定申告処理の方法もナビゲート

確定申告において自身が申告すべき対象者かどうか疑わしい場合は、確信が持てるまでしっかり確認を行うかもしくは念のために申告を行う方が無難です。なぜなら申告せずに仮に後から申告漏れが判明した場合、加算税・延滞税を課せられることになるからです。
確定申告の最も基本的な方法は、用紙に必要事項を記入して必要書類と併せて税務署に提出もしくは郵送します。また日中働いてる方の場合は夜間提出用の回収ボックスに投函することもできます。その他、国税局のホームページに用意されている「e-Tax」と呼ばれる電子システムを使って申告処理を行えます。ただし、マイナンバーカードの取得とICカードリーダライタ(もしくはマイナンバーカード読取対応スマートフォン)の用意が利用する上で必須条件になります。こうした確定申告の手順や各種申告方法の説明も、お客様に分かりやすいようにしっかりご説明いたします。

帳簿付けの基本からしっかりアドバイスいたします

確定申告を行う上で、日々の必須の業務となるのが帳簿付けです。申告書に記述して税務署に報告する金額は、売上や経費などを計上した帳簿の記録に基づいた数値なので、帳簿は確定申告のいわゆる「要」になります。この帳簿付けの規模・複雑さは事業形態によるため、規模は小さいながらも帳簿付けにしっかり時間と労力を掛けなくてはいけない事業ケースもあります。
普段の業務が忙しくて帳簿付けが間に合わない、もしくは帳簿の付け方や勘定項目などの分類分けに今一つ自信が持てないといった悩み・不安をお抱えの場合は、ご連絡いただければ帳簿付けの基本からしっかりナビゲートし、お客様の事業に最も適した帳簿の付け方をご提案いたします。今後も地元の経理・確定申告の相談役として地域の皆様にご信頼いただけるよう、お客様に寄り添う丁寧なサービス応対を心掛けながら精進を続けてまいります。

間違いのない経費の計上をアドバイスし節税につなげます

確定申告のサポートをご依頼いただく際は、もちろん確定申告に関することであれば何でも相談でき、自身で作成した帳簿や申告書に間違いがないかチェックを頼むこともできます。また帳簿付け自体の対応をお任せいただき、お客様は領収書をまとめてお渡しいただくだけというサービススタイルもお選びいただけます。
また税務のプロが担当いたしますので、経費に関して適切なアドバイスを受けられます。間違った経費計上を回避するだけでなく、経費として計上できる出費は逃さず計上できるので、結果的に節税につなげていけます。経費に関しては「10万円以上の購入品は減価償却資産として計上しなくてはいけない」などのルールが課せられているものもあるので、税務のプロにお任せいただくことで間違いのない経費の計上を行えます。確定申告に関する全般的なご相談は随時お電話・メールフォームにて承っています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。